GREETING役員挨拶

Home E 役員挨拶

代表理事 若原昭浩

Representative Director Akihiro WAKAHARA

ご挨拶

大変革期にある産業や、ポストコロナ等により大きく変化する社会に対し、国立大学法人 豊橋技術科学大学と長岡技術科学大学は、地域中核大学として教育・研究機能を最大化するとともに両大学の経営効率化ため、令和5年10月17日両大学が社員となる「一般社団法人技科大テックブリッジ」を設立しました。

両技術科学大学は高専からの卒業生を受入れることを想定して設立され47年が経過しており、2019年には、両技科大と全国51の高等専門学校の4000名を超える研究者の研究成果を活用することを目的とした地域産学官金共創プラットフォームを設置し、地域産業の活性化・課題解決の支援を進めてまいりました。今回こうした取組みをより一層推進するため、 本法人は、両大学のシナジー(相乗)効果と産業界との共創を進めるため、研究の活性化、社会連携の推進といった事業を展開していきます。

産業界のニーズにより密接した技術課題の解決を進めるため、本法人は、新たな取組みとして各分野の名誉教授を始めとする教授クラスの定年退職後教員を組織化しました。これにより、企業にとって、高度な技術知識や熟達した課題解決手法の活用により課題解決や技術者教育が期待できます。